交際倶楽部は高収入パパ率高い?安全にお手当をもらうにはぴったり!

交際倶楽部は高収入パパ率高い?安全にお手当をもらうにはぴったり! 体験談

大学生の頃には共学とちがって女子大でも有り、女の子ばかりで男性は一人もいなく、その為のもあって、時折、各大学の交流のための飲み会やパーティに時々行ったりして、結構モテたりはしていました。 

しかし、社会に出てからは、結構名の知れた会社、企業に勤めていますが、会社の職種の内容もあって相変わらず女性が多い職場ということもありました。

素敵な男性との出会いもなければ、お付き合いする機会は殆んど有りませんでした。男性や彼氏なども全くおらず、又、出会いもなくさすがに寂しく暮らしていました。

自分の今の人生、今後の人生を考えても真剣には思っておりけど今のところは、結婚等もなかなか考えられない状態になっているのが現状です。

そこで、色々とネットなどで調べてみると交際クラブや出会い系サイトというのも有るようで、自分と共通認識を持っている人や趣味の合う人と、出来ればお知り合いになって恋愛等もしてみたいと思うようになったのです。

特に交際クラブやデートクラブに加入している男性は、比較的ハイクラスの男性もおおく、高収入のある男性も多いと記してあり、出来れば此のような男性と知り合いになれたらと考えるようになりました。

ところで、交際クラブといえば、単的には男女間のフリー恋愛を仲介しているため、結婚相談所の様な肩肘張ったようなものでもなく、あくまでも当事者間の自由意思に基ずいて、紹介しているシステムのようです。

恋愛を自由に楽しもう、をモットーに合法的に会員を紹介する倶楽部と言う事になり、大人の男性と女性が恋人同士や愛人関係、今で言うパパ活のように、恋愛を自由に楽しむための会員制のクラブのようです。

そのクラブを主唱する側としては会員制の高級感をイメージさせ、必ず公的な身分証明書、身元や年齢等について確認が取れている男性会員、女性会員のお付き合いを仲介する特に、私達のような女性の会員には誤解の無いように面接には十分時間を費やし、じっくりと話しあいをし、性格的にも内面やマナーなども気を配っているようです。

又、実際に会う前には、写真で異性間のビジュアルを確認することが出来、最近では動画を取り入れているようなクラブもでてきたようです。

交際クラブではじめてのパパ活!ガチ恋になってしまうかも…!?

交際クラブは女性に関しては無料ということも有り、パパ活のような半ば冗談半分も入り混じって登録し加入してみました。

実際に紹介欄に記されていたのは30後半の男性で、大学院の助講師をしているとのことで、人望も厚く収入もそれなりにあるようです。

そしてメール交換をするようになり、写メをお互いにやりとしするうちにお互いに信頼が醸成され実際にあう機会が訪れたのです。

初めて約束の場所に現れた男性にお会いしてみると、やや小太りのお世辞にも好男子とは言いがたいが、私と比べて見ると、案外お似合いのかもしれないと、自分に変な自問自答をしている自分に気がつくのです。

当初はこの彼とは恋愛関係や結婚の対象としては特に考えないことにして、異性フレンドとしてのお付き合いはして見る事にしたのです。

かと言ってセフレのような形もするつもりもなく、お小遣いが少々貰えればいいかな、ぐらいにしか考えていませんでした。

そして、お付き合いをしているうちに感情が芽生えるかもしれませんし、今はお付き合いをしながら、しばらく様子を観てみるのも良いかなと思っていたのです。

その後彼とは時折お会いして、一寸洒落たレストランで食事をしたり、好きな銀座を散歩しながら洋服を買ってもらうとか、彼と共通する趣味でもあるカラオケ等を楽しむくらいです。

好きな街を散歩しながら素敵な洋服を買ってもらうとか、趣味のカラオケを楽しむくらいで、パパ活フレンドのようなお付き合いをさせていただいてます。

でも、色々と話をする内に、彼の純粋な飾らない気持ちに次第に何やら惹かれてゆく自分がいるのにあらためて気がつくのです。

其のうちには彼に若しも求められたらどうしようかと、思案しながらお付き合いしているところです。

その時は私自身の事でもありますので、成り行きによってその場の雰囲気で決めたいと思っております。

私も一介の「女」ですので、男女の関係については決して否定するものでは有りません

そんな私が先ずは心がけているパパ活上の気持ちとして、気心が合っても馴れ馴れしくはしない、甘えはしないこと。

お化粧は濃くなく薄い程度で、女をあまり表面には出さない。

そして何より、相手を引き立たて一歩後から付いていくような貞節さ。これらのことに気を配りながら、お相手の男性をできるだけ立てるようにすることを心がけております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました