もうやめられないライブチャット!素人女性との楽しい時間

もうやめられないライブチャット!素人女性との楽しい時間 体験談

私がライブチャットに興味を持つことになったのは、とにかく、素人の女性とセックスをしたいという思いを持ったからです。言ってみれば、憧れみたいな感覚といっても良いかもしれません。基本的に女性に対して奥手の私は、素人女性には興味があるものの、声をかけることができません。そのため、アルバイトて必死になって貯めたお金で、ヘルスやソープランドに行って女性とセックスすることにしていました。もちろん、ヘルスやソープランドといえば、決して安くはないお金がかかるため、貯金はありません。私は現在フリーターをしていますが、昼間は建設現場で働き、夜はアルバイトの店員というふうに、二つの仕事を掛け持ちして頑張っています。合計で毎月30万円近くのお金を稼ぎますが。その大半はヘルスとソープランド代に消えていくのが現実です。

住まいは実家のため、元来であれば、家にお金を入れなければいけないところですが、「お金がない」ということで、毎月10,000円だけで勘弁してもらっています。もう約2年間ほどはヘルスやソープランドに通い詰める生活が続いています。そんな私の不満は、素人女性とセックスができないことです。ヘルスやソープランドに行けば、確かに女性とのセックスを楽しめますが、素人女性と遊ぶことはできません。そこで、アダルトライブチャットに目をつけました。私は家族が全員外出している時や深夜の寝静まった時間を見計らってライブチャットを楽しみます。初めてログインする時にはドキドキしましたが、そこで運命的な出会いが待っていました。

ログインするや否や、妖艶な女性のかなり薄着の画像が目に飛び込んできました。しかも私が望んでいる、素人感丸出しのイメージの女性ばかりのため、私の期待は一気に高まることに。実際に女性とのやり取りをする前から下半身は興奮状態になりました。

あまりの興奮に元気よく飛び出す!ハマったライブチャット

私はライブチャットで35歳の主婦と出会うことができました。アケミという名前で、印象としてはどこにでもいるような普通の主婦といったところではないでしょうか。私はアケミさんに対して、自分が素人童貞であることを包み隠さずに打ち明けることにしました。するとアケミさんは、私が素人童貞から卒業するためには何をしたら良いかについての相談にも積極的に乗ってくれました。アケミさんがライブチャットをはじめるようになったのは、手っ取り早くお金を稼ぐことができることに魅力を感じたからですが、実は、旦那さんとの夜の夫婦生活がなくなってしまったことへの不満もあったことを教えてくれました。私がハマっているライブチャットは、基本的に男性からのリクエストに対しては、全て応えてくれます。細かなルールや決まりごとはなく、どんなにエッチなリクエストでも大丈夫です。
私にとっては、初めてともいえる素人女性とのエッチな行為が楽しみで仕方ありませんでした。ドギマギしている私に対してアケミさんは、私に下半身を露にするようにリクエストしてきました。私は興奮している下半身をカメラの前に出しました。さすがに最初のうちは恥ずかしかったですが、しばらくすると直ぐに慣れました。私はアケミさんにパンツを脱ぐようにお願いして、お互いにオナニーを楽しむことにしました。やっぱり、ヘルスやソープのプロの女性とは異なり、新鮮さを感じることができ、直ぐに射精してしまうことに。恥ずかしながら、ティッシュを突き破って精子が飛び出したところを見られてしまいました。アケミさんは驚きながらも、興奮しているような感じでした。
あまりにも興奮状態に陥ってしまった私は射精する時に思わず声を発してしまったため、家族にバレてしまわないかと思いました。完全にライブチャットの虜になってしまったようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました